売掛金とは将来的に入ってくる未回収の代金のこと。買掛金はその逆で将来的な支出のことです。

売掛金について

売掛金と聞いても、おそらく多くの方はピンとこないはずです。

 

しかし、会社経営を行っている人が売掛金について理解していないと大変なことになってしまいます。
それほど、売掛金は会社経営にとって重要なものなのです。
今回は、そんな売掛金について取り上げていきたいと思います。

 

 

売掛金とは何か

 

売掛金とは、商品やサービスの未収入の代金を受け取ることのできる権利ことを言います。
あるいは、未収入の代金そのもののことを売掛金と呼ぶこともあります。

 

売上がそのままキャッシュとなる取引

 

主として現金商売を営んでいる小売店や飲食店などでは、商品やサービスの売上代金をその場で、つまり売上げが発生した時点で受け取ることになります。
具体的に言うと、レジで精算をしている時に売上げを受け取ることになるわけです。

 

ですので、このような会社(あるいは個人事業者)の場合には、売上げが発生した時点で売上代金を受け取り、その分だけ売上高とキャッシュ(資金)が増えるということになります。
しかし、これが主に会社間取引を行っている会社になると大きく事情が変わってきます。

 

会社間取引においては、現金商売と比べて商品やサービスの売買が複雑で、尚且つ決済は基本的に振込で行われます。
こうした取引でもしも逐一売上代金を受け取っていたら、膨大な時間と手間がかかってしまうことになります。

 

そのため、現金商売のように売上げが発生した時点で代金を受け取るということではなく、売上げが発生してから一定の期間が経った後に決済が行われるという形になっているのです。
こうした取引は、掛取引あるいは信用取引と呼ばれています。

 

そして、この掛取引において後日回収されることになる未収入の代金のことを売掛金と呼んでいるわけです。
簡単に言えば、会社版の「ツケ」が売掛金であると言うことができます。

 

 

売掛金と買掛金

 

商取引における信用

 

売掛金と対になるものとして買掛金があります。
買掛金とは文字通り、売掛金とは反対のお金のことを言います。

 

つまり、後日支払わなければならない仕入代金、またはその支払義務のことを買掛金と呼ぶのです。

 

売掛金と買掛金は、どちらも貸借対照表においては、ある時点でその金額がどのくらい残っているかを示しています。
売掛金の場合にはそれが資産として計上され、買掛金の場合には負債として計上されています。

 

資金繰りの面から考えると、売掛金の回収はできるだけ早く、そして買掛金の支払はできるだけ遅くすることが望ましいと言えます。

 

資金繰りに重要なキャッシュフローの作成ガイド

 

 

売掛金の時効

 

売掛金は法律上は債権として扱われます。
法律上、債権には消滅時効があり、一定期間権利を行使しないと債権が消滅することとなっています。
従って、必然的に売掛金にも時効が存在することになります。

 

ただ、通常の債権と比べて時効の長さには違いがあります。
通常、債権の時効は原則10年と定められていますが、商取引による債権は5年と定められているのです。

 

従って、売掛債権の消滅時効は5年ということになります。
尚、時効の経過に関しては、請求、差押え、仮差押えまたは仮処分、承認などの手段によって一時中断させることが可能となっています。

TOPへ