銀行などの金融機関が提供するビジネスローンというサービスについてまとめました。

ビジネスローンとは

契約書にサインを促す男性

「ビジネスローン」とは、銀行や金融機関が提供するローン商品の1つです。
名前に“ビジネス”という単語が含まれているように、経営者が事業を行う上で利用が可能な資金調達方法として長い間愛されています。

 

提供する事業者は銀行や金融機関、信用金庫です。
一般的なビジネスローンは担保を必要とせず、少額で小回りのきく資金調達として知られています。

 

運転資金はもちろんのこと、従業員の給与や賞与に対しても充てられる利便性は、まさにビジネスに適した商品です。

 

サービスは事業者ローンと同じ

ビジネスローンを検索すると、同じようなサービスとして事業者ローンという商品が浮上します。
両者は多くの場合“同じもの”として扱われる商品です。しかし、ビジネスローンは銀行が企業に向けて作ったローンであるというルーツがあります。

 

大きな影響力のある存在が発祥であることから、商品の利用者数と共にビジネスローンの認知度が急激に上昇し、現在では事業者ローンと肩を並べるほど有名な名称となったため、混在する形に収まっています。

 

事業拡大の局面で利用できる

基本的なビジネスローンは少額借り入れで小回りのきく商品として、緊急の給与支払いに充てたり、一時的に不足してしまった仕入れ代金に充てられる商品です。

 

しかし、銀行系や資本力が大きいノンバンク系のビジネスローンを利用すれば、5,000万円~1億円規模の資金が調達できるため、事業拡大の局面でも利用を検討したい資金調達手段の1つとして認識されています。

 

ビジネスローンを理解を深めるQ&A

Q&Aとルーペ

利用方法は?

ビジネスローンの使い方は、大きく分けて2種類に分かれます。
ローンカードを用いて銀行やコンビニで借りたい分だけその都度借りる「カードローン型」と、借り入れが決まった際に全額を一度に借り入れることで、後から少しずつ返済を行う「返済型」です。いずれも窓口、若しくは各社HPから申込みができます。

 

利息はどれくらいになる?

最低利息で比較すると、銀行系のビジネスローンで「2.3~6.5%」、ノンバンク系の金融機関を利用すると「3.6~12.0%」が相場と言われています。
銀行融資に比べると圧倒的に高い利息ですが、以前多発した貸し倒れのリスクが原因で徐々に引き上げられた結果になります。

 

融資の早さはどれくらい?

銀行融資が最低でも1週間程度は必要とされる商品であるのに比べ、ビジネスローンは手続きがスムーズに行われれば「数日程度」で融資が可能です。
また、“スコアリングシステム”というビジネスローン独自の採点システムを導入していれば、「最短即日」での融資が実現できる機関も見受けられ、圧倒的に短時間で借り入れを行えます。

 

事業がある程度安定してきた企業にオススメ

ビジネスローンは銀行融資より利用しやすいですが、借り入れ条件に業歴を求められる場合があります。
また、基本的には高めの金利で返済が求められるため、ある程度業績が安定してきた企業の資金調達手段としてオススメになるのではないでしょうか。

TOPへ