ファクタリングとは売掛債権を買取会社に売却する資金調達方法です。

ファクタリングという資金調達法

 

会社の資金調達と言うと、銀行融資債券・株式の発行といった昔からある方法に注目が集まります。
また、こうした方法は多くの会社が実際に利用している資金調達の方法でもあります。

 

一方で、近年生まれた新しい方法を使って資金調達を行っている会社も増えてきています。
今回、そんな新しい資金調達方法の中からファクタリングについて取り上げていきたいと思います。

 

銀行融資について知りたい方はコチラ

 

 

ファクタリングとは?

 

ファクタリングは非常に新しい資金調達の方法です。
そのため、今はまだ銀行融資や債券・株式の発行などと比べてそれほど一般的に認知されているわけではありません。

 

ファクタリングとは簡単に言えば、会社の保有する売掛債権を買取会社(ファクタリング会社)に売却することで資金調達を行う仕組みのことを言います。
会社経営をされている方であればご存知ですが、会社間の取引は基本的には掛け売りで行われています。

 

掛け売りとはつまり、売上げが発生した時点ではなく、請求書を発行して約束した期日に売掛先から売掛金が振り込まれた段階で売上金の回収が行われることを言います。

 

売掛金が回収されるまでの期間には会社によって、あるいは取引によってバラつきがありますが、大抵の場合、売上げが発生してから1か月または2か月後になります。
つまり、売上の発生と売掛金の回収にそれだけのタイムラグが生まれるわけです。

 

こうしたことは、日本の会社関係においては当たり前のことですが、経営者の中には「それでは困る」という方もいらっしゃいます。

ファクタリングは、まさにこの「売掛金の回収までに時間がかかると困ってしまう」という経営者のために生まれたサービスなのです。
ファクタリングを利用すれば、売掛債権を売却することで売掛金を回収する前に資金調達を行うことができます。

 

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

 

ファクタリング取引のイメージ

 

ファクタリングには、2社間ファクタリング3社間ファクタリングという2つの異なる方法があります。
以下でそれぞれについて説明します。

 

2社間ファクタリング

売掛債権を売却する会社それを買い取る会社(ファクタリング会社)の間で取引を行うのが、この2社間ファクタリングです。

 

2社間ファクタリングの最大の特徴は、取引先の会社にファクタリングの事実を知られないというところにあります。
取引先の会社に売掛債権を売却していることを知られると、まず間違いなく悪い印象を持たれてしまいます。

 

疑問に思う取引先

 

「うちの会社は信用されていない」
「売掛債権を売却するということは資金繰りに苦労しているのかな?」

 

と思われてしまうのです。
こうしたことを避けられるのが、2社間ファクタリングの最大のメリットです。

 

3社間ファクタリング

売掛債権を売却する会社取引先の会社、そして売掛債権を買い取る会社という3社で取引を行うのが3社間ファクタリングです。

 

3社間ファクタリングでは、取引先を含めた3社全てが売掛債権の取引に合意している必要があります。

 

ですので、必然的に取引先にファクタリングが知れることになりますし、売却に対する同意も必要になります。
2社間ファクタリングと比べると時間と手間はかかりますが、その分手数料は安くなります。

TOPへ