キャッシュフロー計算書というのは会計期間中の現金の流れを記した書類のことです。

キャッシュフロー計算書とは

 

既に他のページでも述べた通り、キャッシュフローは会社にとって非常に重要なものです。
キャッシュフローを正確に把握しているかどうかで、経営が上手く行くかどうかが決まると言っても過言ではありません。

 

そして、このキャッシュフローを正確に把握するためには、あるものが必要になります。
それが、今回紹介するキャッシュフロー計算書です。

 

 

キャッシュフロー計算書とは?

 

キャッシュフローを計算しているイメージ

 

キャッシュフロー計算書が一体何なのかということは、一般的にはあまり知られていません。
しかし、経営者であればほとんどの方がその中身について知っています。

 

キャッシュフロー計算書というのは、会計期間中の現金の流れを数値で示した書類(決算書)のことを言います。
もっと簡単に言うと、会社にどのくらいの現金が残っているのかを示す書類ということになります。

 

企業版の家計簿だと考えると分かりやすいかもしれません。
キャッシュフロー計算書は、自社の資金繰りの状態を知る上で非常に便利な書類です。

 

そのため、実際に多くの会社がこのキャッシュフロー計算書を作成しています。
ただし、キャッシュフロー計算書の作成が義務化されているのは上場企業のみのため、それ以外の会社では作成していないこともあります。

 

 

3つのキャッシュフロー

 

3つの重要なキャッシュフロー

 

キャッシュフロー計算書には、当然のことながら会社のキャッシュフローが記載されているわけですが、これは3つに区分された上で載せられています。

 

営業活動によるキャッシュフロー・投資活動によるキャッシュフロー・財務活動によるキャッシュフローの3つがこれに当たります。
以下でそれぞれについて説明します。

 

営業活動によるキャッシュフロー

その会社が本業によってどのくらいキャッシュを増やしたかを示すのがこの項目です。
要するに、会計期間中に儲けたお金を示しているわけです。
本業が好調であれば、必然的に営業活動によるキャッシュフローはプラスになります。

 

投資活動によるキャッシュフロー

固定資産・株・債権などの取得や売却といった、投資活動を行った際のお金の流れを示すのがこの項目です。
簡単に言うと、会社が使ったお金を示す項目ということになります。

 

あるいは、将来のために会社が使ったお金と言うこともできます。
投資活動によるキャッシュフローがプラスであれば、土地・建物・株式などの資産を売却してキャッシュを手にしているということになります。

 

財務活動によるキャッシュフロー

借入れを行ったお金と返済を行ったお金を示すのがこの項目です。
財務活動によるキャッシュフローがプラスであれば、それは借りているお金が多いことを示しています。

 

反対に、財務活動によるキャッシュフローがマイナスであれば、返しているお金が多いということになります。
ちなみに、株主への配当金支払いはマイナスの要素として計算されます。

 

 

キャッシュフローのバランス

 

以上の3つのキャッシュローは、全てがプラスであれば良いというものでもありません。
それぞれのバランスがとれていることが重要なのです。

 

最も理想的なのは、営業活動がプラス投資活動がマイナス財務活動がマイナスという状態です。
これはつまり、本業が好調でキャッシュが増え、将来に見据えて投資を行い、借入金の返済が進んでいる状態を指します。

 

このバランスはどの会社にとっても望ましい状態だということができます。
ですので、キャッシュフロー計算書を確認される際には、このバランスが達成されているかどうかに注目してみると良いでしょう。

 

参考:キャッシュフローの落とし穴

 

TOPへ