会社経営において会計上の収支が黒字だとしても、借金が返せなくなり倒産することがあります。

黒字倒産とは

 

全ての会社には倒産の可能性があります。
現に、ここ数年に限っても中小企業を中心に多くの会社が倒産の憂き目に遭っています。

 

倒産と言うとどうしても赤字倒産をイメージしてしまいがちですが、実際には黒字倒産してしまう会社も少なくありません。
ここではこの2つの倒産の内、黒字倒産について取り上げていきたいと思います。

 

 

黒字と赤字

 

まず始めに、黒字と赤字という言葉のそれぞれの意味について説明します。
この2つの言葉は、どちらも会計上の専門用語ではありません。

 

簿記においてプラスの額を黒で記入し、マイナスの額を赤で記入したことから、このように呼ばれています。
要するに、会計の上で収入が支出を上回ったことを黒字と言い、収入が支出を下回ったことを赤字と呼ぶわけです。

 

一般的な会社では、健全な経営状態であれば黒字となり、経営状態が厳しければ赤字となります。

 

 

倒産とは

 

倒産の危機に悩むビジネスマン

 

次に、倒産とは何かということについて説明します。
倒産という言葉は、会計上あるいは法律上の専門用語ではありません。

 

ですので何らかの明確な定義があるわけではなく、一般的には「返済義務のある借金が返せなくなって会社の経営が行き詰まった状態」のことを指す言葉として使われています。
あるいは、経済活動をそのまま続けることが不可能になる状態のことを「倒産」と言ったりもします。

 

もっとも、会社に関して言う場合には上の定義が正確であると思われます。
つまり、借金が返せなくなって経営が行き詰まった会社のことを、倒産した会社として扱うわけです。

 

 

黒字倒産とは?

 

黒字倒産してしまったイメージ

さて、ここからが本題の黒字倒産についてですが、おそらくここまでの説明を読めば大方の察しは付いていると思います。

 

黒字とは会計上の収支がプラスであることで、倒産とは返済義務のある借金が返せなくなって会社の経営が行き詰まった状態のことです。

 

従って黒字倒産とは、会計上の収支がプラスであるにもかかわらず、借金が返せなくなって会社の経営が行き詰まった状態、ということになります。

 

一般的には「倒産=赤字」というイメージがありますが、ここまでの説明をお読みになれば分かる通り、倒産するかしないかということに会計上の収支は関係ありません。
黒字であろうが赤字であろうが、返済義務のある借金が返せなくなれば、その会社は倒産してしまうのです。

 

黒字倒産の原因はとても単純で、手元の資金が無くなるということに尽きます。
例えば、まとまった売掛金が入金される前に手元資金を超える額の返済が必要になった場合に、その会社は倒産することになってしまいます。

 

逆に言えば、返済額を賄えるだけの手元資金が残っていれば、いくら赤字の額が大きくても会社が倒産することは絶対にありません。
倒産を決定するのはあくまでも「資金」なのです。

 

参考:銀行融資による資金調達

 

 

黒字倒産の割合

 

黒字倒産と聞くとあたかも珍しいことのように思われる方がいますが、数字を見ると決して珍しくないということが分かります。

 

例えば、東京商工リサーチが発表した「2015年度倒産企業の財務データ分析調査」では、倒産した会社の全体の54%が黒字の状態で倒産したという調査結果が出ています。

 

ですから、実に半数以上の倒産が黒字の状態で起きたということになります。

TOPへ