銀行融資は大きく2つに分けられ、中でもプロパー融資は審査が厳しいです。

銀行融資による資金調達

 

会社が資金調達を行うための方法はいくつもあります。
その中でも、最もオーソドックスな方法と言えるのが銀行融資です。

 

現在日本に存在する会社の多くが銀行融資によって資金調達を行っています。
ここでは、そんな銀行融資による資金調達が一体どのようなものなのかを紹介していきたいと思います。

 

 

銀行融資とは?

 

規模が大きい銀行

 

会社が資金を借り入れるための方法には様々なものがあります。
友人や親族から借りることもできますし、ノンバンク公的機関から借りることもできます。
そしてその中には、銀行から借り入れるという方法もあります。
一般に銀行融資と呼ばれているものは、この銀行からの借入れのことを指します。

 

その他の借入れとはいくつかの点で違いがありますが、基本的な違いは貸し出す主体が銀行であるかそうでないかというところだけです。
銀行融資=銀行からの借金と考えておけば間違いありません。

 

 

銀行融資の種類

 

銀行融資には、大きく分けて2つの種類があります。
1つは信用保証協会保証付融資、もう1つはプロパー融資です。
以下でそれぞれについて紹介します。

 

信用保証協会の保証付き融資

これは、公的機関たる信用保証協会が貸出しの保証人となって行われる銀行融資です。
信用保証協会の保証が付くことで、万が一返済が不可能になった場合に債務者に代わって代位弁済が行われます。

 

つまり、銀行にとっては極めてリスクの小さい融資(貸出し)なのです。
そしてそのため、信用保証協会の保証付き融資には、審査に通りやすいという利点があります。

 

プロパー融資

一方のプロパー融資には、公的機関による保証が行われません。
つまり、銀行が全くもって独自に融資の可否を決定するのが、このプロパー融資ということになります。
従って、返済が不可能になってしまった場合などのリスクは全て銀行側が背負うことになります。

 

そのため、プロパー融資の審査は信用保証協会の保証付き融資と比べて非常に厳しいものになります。
過去の営業実績や返済履歴等から見て、信用度の高い会社であると判断されなければ、プロパー融資を受けることはできません。

 

 

銀行融資の特徴

 

資金を貯蓄しているイメージ

 

銀行融資による資金調達を行う前には、銀行融資にどのような特徴があるのかを知っておかなければなりません。
以下では銀行融資の持つ3つの特徴を紹介します。

 

金利が安い

会社が資金を借り入れる場合には多くの場合個人からではなく金融機関から融資を受けることになります。
一口に金融機関と言っても実際にはいくつかに分かれるわけですが、その中で銀行融資は金利に関してはかなり低い水準に設定されています。

 

これにはデフレの影響で企業の側で借りる人間が少ないという事情もありますが、いずれにせよ他の金融機関に比べて金利が安いということは事実です。

 

審査が厳しい

これはある意味で常識になっていることですが、銀行融資の審査は非常に厳しく行われます。
他の金融機関の審査通った会社が、別の機会に銀行融資を受けようとしたら審査に通らなかったということはざらにあります。

 

ただ、既に述べたようにプロパー融資に比べると信用保証協会の保証付き融資の方が多少審査が甘くなるということはあります。

 

色々なローンがある

広い意味での銀行融資には諸々のローンが含まれます。
そして、そのローン(目的別ローン)の種類は非常に豊富です。
以下に代表的なものを紹介します。

  • 住宅ローン
  • マイカーローン
  • リフォームローン
  • 教育ローン
  • ブライダルローン
  • フリーローン

これを見れば分かるように、銀行融資は資金の使途によって様々なローンを選ぶことができるのです。
銀行融資の審査が通らなかったとしても、決して手を出してはいけない方法があります。
このような方法に手を出すよりは、他の可能性を模索していくことが懸命といえます。

 

TOPへ