会社を経営する上で必要な資金調達方法は、大きく分けて3つあります。

 

会社経営に必要な資金管理

 

会社を経営する上で絶対に欠かせないもの、それが資金です。
いくら優秀な人材が揃っていても、それを活かすためには十分な資金を確保しなければなりません。

 

しかし、会社経営に必要な資金は決して誰かから与えられるというものではありません。
経営を成功させるためには、そのための資金をどこかから調達しなければならないのです。

 

資金調達の重要性

会社経営を行う際に、法人設立時の自己資金だけで事業を行えればそれに越したことはありません。
しかし、現実にはそうした経営を行うことのできる会社は決して多くありません。
多くの会社は何らかの方法で資金を調達して、経営を行っているのです。

 

また、自己資金でやりくりしている会社であっても、売り上げが急落したことによって資金調達が必要になるということはざらにあります。
ですので、実際にはほとんどの会社が資金調達を行っていると言っても決して言い過ぎではありません

 

会社にとっての資金は、しばしば人間の「血液」に例えられます。
なぜかと言えば、資金がそれほど会社にとって重要なものだからです。
人間の場合には血液が滞ってしまうと身体の各部に病気や障害が発生してしまいますが、会社の場合にも資金が滞ると事業や社員の福利厚生などに様々な悪影響が出てしまいます。

 

また、会社にとっての資金はただ単に生き延びるためではなく、売り上げを伸ばして成長して行くためのものでもあります。
そして、この資金を得るために必要なのが、会社経営における資金調達という行為なのです。

 

資金調達の方法

 

成長する企業のイメージ

 

資金調達と一口に言ってもそこには様々な方法があります。
大まかに分けると、「出資による資金調達」「借入による資金調達」「補助金・助成金による資金調達」の3つが主な方法となります。
以下で、それぞれに該当する方法を紹介していきたいと思います。

 

自己資金の投入

事業者が個人で保有している資産を会社の資本金に差し入れるというのがこの方法です。
上記の分類では、出資による資金調達に該当します。

 

この方法は多くの場合、会社の設立時に行われます。
メリットとデメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 経営状況に応じて増資と減資を簡単に行える

 

デメリット

  • 会社が倒産してしまうと事業者個人の資産が失われてしまう
  • 大きな出資額は望めない

 

他社からの出資を受け入れる

株式会社では、自社の株式を他社に譲渡することによって、その見返りとして出資を受け入れるという形で資金調達を行うことができます。
この方法も、上記の分類では出資による資金調達に該当します。

 

出資元が会社であることから、個人からの出資よりも大きな資金を調達することができます。
メリットとデメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 出資元となる会社から様々な支援・協力を見込める

デメリット

  • 譲渡する株式の比率によっては経営権まで移譲されることになってしまう。

 

会社の代表者・役員からの借入れ

これは、資金調達の当事者である会社の代表者個人、あるいは役員個人から借入れを行うという方法です。
上記の分類では、借入による資金調達に該当します。

 

借入れという形ですので、出資金の場合とは違って貸した資金はいずれは代表者又は役員の手元に戻ってきます。
メリットとデメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 審査の必要が無いため、すぐに借りることが出来る。
  • 貸し出し条件を自由に決めることが出来る

デメリット

  • 往々にして、他の借入れに比べて返済までの期間が長くなってしまう。

 

金融機関からの借入れ

銀行や日本政策金融公庫などの金融機関から借入れを行うのがこの方法で、会社の資金調達の方法としては最も一般的な手法となっています。
これも、上記の分類では借入による資金調達に該当します。

 

個人からの借入れとは違って、金融機関からの審査を受けてそれに通らなければ借入れを受けることはできません。
メリットとデメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 資金の使い道にかなり幅が聞く
  • 金利が安い

デメリット

  • 資金を調達するまでにかなりの時間がかかる
  • 審査に落ちる可能性がある
  • 資金の使途によっては使い道が大幅に限定される

参考:銀行融資による資金調達

 

国や地方公自治体などの制度を利用する

会社の資金調達は民間の個人・会社からだけでなく、国や地方公自治体などからも行うことができます。
上記で触れた補助金・助成金による資金調達がこれに該当します。

 

国あるいは地方公自治体では、民間の事業を支援するための様々な補助金・助成金の制度が整備されています。
民間企業は必要な申請を行えば、こうした制度を利用することができます。
メリットとデメリットは以下の通りです。

 

メリット

  • 返済の必要が無い

デメリット

  • 条件を満たしていなければ申請することができない

 

アセット・ファイナンスという方法もある

 

以上の他に、会社の資金調達には自社が保有する資産を売却するという方法もあります。
こうした方法での資金調達をアセット・ファイナンスと呼びます。

 

これに近いものでは、ファクタリングというサービスも最近ではよく利用されています。自社が持つ売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことにより、本来の入金予定日よりも早く現金を得ることができる新しい資金調達法です。

 

アセット・ファイナンスには以下のような方法があります。

 

  • 売掛債権の売却(ファクタリング)
  • 過剰な在庫の処分
  • 利用していない資産の売却

参考:ファクタリングとは

TOPへ